岩見沢、江別、札幌近郊の税理士・会計事務所
 
| ホーム | 事務所のご案内 | 業務のご案内 | 契約まで流れ | お役立ちリンク | お問合せ | 求人募集 | ブログ | サイトマップ
 
お問い合わせ
求人募集
災害に関する法人税の取り扱い
被災者、被災法人に対して支援を行った法人側における法人税の取り扱いについて説明します
 
 1.従業員等に支給する災害見舞金品
 
 住法人が、災害により被害を受けた従業員等又はその親族等に対して一定の基準に従って支給すラウ災害見舞金品は福利厚生費として損金の額に算入されます。
 また、法人が、事故の従業員等と同等の事情にある専属下請け先の従業員等又はその親族等に対して一定の基準に従って支給する災害見舞金品についても、同様に損金の額に算入されます。
  

 2.災害見舞金に充てるために同業者団体等へ拠出する分担金等
 
法人が、所属する同業者団体等の構成員の有する事業用資産について災害について災害について損失が生じた場合に、その損失の補てんを目的とする構成員相互の扶助等に係る規約等に基づき合理的な基準に従って、同業団体等から賦課され、拠出した分担金等は、その支出する事業年度の損金の額に算入されます。
 
 
 3.取引先に対する災害見舞金等
 
 法人が、被災前の取引関係の維持・回復を目的として、取引先の復旧過程においてその取引先に対して行った災害見舞金の支出、事業用資産の供与等のために要した費用は、交際費等に該当しないものとして損金の額に算入されます。
  
 
 4.得意先に対する売掛金等の免除等
 
 法人が、災害を受けた取引先ん復旧過程において、復旧支援を目的として売掛金、貸付金等の債権を免除する場合には、その免除することによる損失は寄付金又は交際費等以外の費用として損金の額に算入されます。
 また、既契約のリース料、貸付利息、割賦代金の減免を行う場合及び災害発生後の取引につき従前の取引条件を変更する場合も、同様に取り扱われます。
 
 
 5.取引先に対する低利又は無利息による融資
 
 法人が、災害を受けた取引先の復旧過程において、復旧支援を目的として低利又は無利息による融資を行った場合における通常収受すべき利息と実際収受している利息との差額は、寄付金に該当しないものとして損金の額に算入されます。
 
 
 6.自社製品等の被災者に対する提供
 
 法人が、不特定又は多数の被災者を救援するために緊急に行う自社製品等の提供に要する費用は、寄付金又は交際費等に該当しないもの(広告宣伝費に準ずるもの)として損金の額に算入されます。



 以上、平成23年4月国税庁から発表されたFAQに基づいた取り扱いです
 


 税理士法人TACS 〒068-0005 北海道岩見沢市5条東2丁目
TEL:0126-22-5050 FAX:0126-25-6209
URL:http://i-tacs.jp 
 Copyright (C) 2008 TAX & ACCOUNTING CENTER in SORACHI. All Rights Reserved